工房紹介

■長渡織物工房  代表:長渡 とき子

【PR文】

主に花織みんさ帯地を織っております。 帯地が袋物に姿を変え思わぬ可愛さ、美しさを見せてくれるときが喜びでもあります。
帯地の袋物は、丈夫で普段使いに十分耐えるものですので、 皆さんにもっと普段使いとして持って、使っていただきたいです。 織のリズムと生活のリズムが、最近はテンポよく合ってきて調子が乗っています。 ハタ2台で急ぐもの、ゆっくりのものと使い分けています。

  • 【製造作品種類】

    主に八重山上布のれん

  • 【織暦】

    25年


【作品】